クラミジアの女性の症状は

女性はクラミジア感染しても自覚症状が乏しい

症状が出にくい

クラミジアは症状の出にくい性病として知られており、自覚がないまま他人に感染させてしまっている可能性が高い病気です。性病の知識がないので、自分がかかっているとは想像もしないで、別の人と性交渉をして拡大していく傾向があります。男性のほうがやや気がつく可能性が高いという程度で、女性では5人に1人程度しか自覚症状がないというデータもあります。不安のある人は検査を受けてみましょう。クリニックや病院でも受けられますが、今は精度の高い検査キットも販売されています。検体を採取して郵送するタイプのものですが、個人名ではなく番号で処理するものなので個人情報漏えいの危険もありません。

女性に出やすい症状

女性の性器に感染した場合、子宮の入り口の子宮頸管という部位にクラミジア菌が感染します。出やすいものとして、おりものの量が増えて、白っぽく粘液状になります。また、排尿時に痛みが出ることもありますし、軽く下腹部が痛むこともあります。月経以外で出血する不正出血が出ることもあります。ただし、全般的に軽いケースが多く、女性のほとんどはこういった異状を体験しているため、見過ごされてしまいがちです。

症状が進むと

クラミジアの危険なところは、粘膜を伝って徐々に体内に侵入していくということです。子宮頸管に感染すると、排卵時の粘液を出す機能が充分に機能しなくなります。自覚症状があれば、ここで検査して発覚しますが、そうでないときは、子宮内膜へクラミジア菌が侵入していきます。子宮内膜は薄い膜で、ここに炎症が発生すると腹部に不快感があり、痛みが出てくることがあります。微熱が出るケースもあります。おりものは膿のようにねっとりとして、嫌な臭いがすることもあります。さらに病気が進行すると、卵管炎が発生します。40度近い高熱が出たり、吐き気を感じることがあります。卵管炎は重症化すると不妊症や子宮外妊娠のリスクが高まります。

検査をしよう

女性の場合、男性パートナーの感染から発覚するケースが多くあります。男性がどこかからもらってきて、コンドームなしの性行為を行ったとき、高い確率で女性も感染します。たとえ自覚症状がなくても、パートナーが感染したら自分も検査を受けましょう。クラミジアは抗生物質によって完治可能な病気です。放置していると危険です。不妊症だと思ってクリニックに行って検査したら、何年も前にクラミジアに感染していたせいだったというケースも数多くあります。