クラミジア治療薬クラビット後発薬のレボクイン

レボクインはクラミジア細菌の増殖を抑える

抗生物質の一種

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染して発症する性病です。主に性器接触によって体内に侵入していきます。クラミジアの細菌に対抗するには抗生物質が有効です。抗生物質は、主に経口投与で摂取し、成分が血流を通って感染部位に達すると侵入した細菌を殺したり、不活性化させたりするものです。人間の身体にも数多くの細菌が住んでいますが、生命活動に必要な細菌に対する影響が少なく、目指す細菌のみに作用するのが特徴です。クラミジアと同様に良く知られた性病には梅毒があります。これにはペニシリンという抗生物質が使われますが、クラミジアにはマクロライド系やニューキノロン系の抗生物質が効果的です。レボクインは、ニューキノロン系の抗生物質のクラビットと同じ成分を持つジェネリック医薬品です。ジェネリックは一般に後発薬に対して使われる名称で、成分や効き目は変わらず、価格が安いというメリットがあります。

レボクインの効用

レボクインの有効成分はレボフロキサシンです。これがクラミジアの細菌のDNAの複製を抑制し、増殖を防ぎます。増殖できないので、細菌は自分が死滅すればそれ以上数が増えることがありません。細菌は自分のコピーを作って増殖し、粘膜をつたって徐々に身体の内部に入り込んでいきますが、コピーを作ることができないので、自分が死んでも後釜がいないので、結果的に細菌がいなくなるのです。レボクインは、広範囲の抗菌作用がある薬で、クラミジア以外にも膀胱炎や前立腺炎、コレラやチフスにも効果を発揮します。通常は、成人は1回100mgの錠剤を1錠、1日に2回から3回を経口服用します。効果が不十分と認められたら、レボフロキサシン水和物を倍量にするなどの調整を行います。

副作用は?

レボクインは細菌の増殖を予防する薬です。そのため身体の他の部分に影響が出そうですが、近年の抗生物質は副作用がほとんどありません。多くの病院がレボクインを処方していますが、副作用が少ないというのが理由です。定められた容量と用法を守って服用していれば、ほとんど副作用が出ないと言われています。もしあったとしても、軽い胃痛や下痢などです。そのため、胃腸薬と併用するよう処方箋が出ることもあります。まれに頭痛やめまい、関節痛などの症状が出ることが報告されています。抗生物質は併用禁忌薬がありますので、そこはしっかり確認しておきましょう。睡眠薬や頭痛薬の一部には、併用してはならないものがあります。