ゴム無しの性交でクラミジアに感染

ゴムなしの性交では高い確率でクラミジアに感染する

ゴムなし感染のリスク

クラミジアを始めとした性病は、粘膜から粘膜に感染します。クラミジア菌は粘膜に取り付いて、性器同士の接触によって感染していきます。ゴムなしで性行為を行うと、互いに粘膜をこすり合わせているようなものですから、感染のリスクは非常に高まります。良くある勘違いとして、男性が射精していなければ大丈夫というのがありますが、そういうわけにはいきません。射精をしなくても、男性は性器のすべりを良くするためのカウパー腺液を性交の最中に分泌します。この液のなかにクラミジア菌が含まれています。そのため、ゴムなしの性交では、感染のリスクは高いことには変わりません。逆に女性が感染者であるときには、膣の分泌液に含まれるクラミジア菌が男性に感染します。ゴムなしの性行為では50%以上の確率で感染します。つまり、ゴムなしで感染者と2回性行為をした場合、ほぼ100%近く感染します。 

ゴムの使用を心がける

性行為では、ゴムの使用の有無でクラミジアだけでなく他の性病の感染率が大きく変わってきます。ごくまれにキスなどで性病にかかることもありますが、確率ではかなり低いです。特に、クラミジア菌は粘膜を離れると簡単に死んでしまうため、ゴムの使用はクラミジア感染を防ぐために有効と言えます。一般的に性病ではクラミジアが最も感染者が多いですが、今でも淋病や梅毒は根絶されていません。また、HIVという性病も相変わらず有効な治療方法もないまま今に至っています。こういった性病はゴムの使用によって感染を防げます。自分の身体を守る意味でも、性行為時はゴムを使用しましょう。特に相手が不特定多数の人は、必ず携帯しておいて使うようにしましょう。

男性は風俗店に注意

男性がクラミジアに感染するのは風俗店経由であることが多いと言われています。お店にもよりますが、サービスを受ける際にゴムやコンドームを使わないことは多くあり、それを受け入れている男性も数多くいます。風俗店には、女性が口でサービスを行う店も多くあります。クラミジアは粘膜に住みつきますので、女性の咽頭に感染することもあります。咽頭にクラミジア菌を持っている女性から、口によるサービスをされた場合には性器感染します。これも高い確率で感染していきます。クラミジアはいったん感染すると、自然治癒することはありません。感染した性器で女性と性行為すると、その女性に感染していきます。厚生労働省でも、口腔感染が広がっているとして注意喚起しています。