sunscontest.com一覧

クラミジアの女性の症状は

クラミジアは元々自覚症状の乏しい病気です。女性の場合は5人に1人程度しか自覚症状は現れません。おりものの量や色に変化が出たり、下腹部痛を覚えたりという症状が出ることがあります。放置していると、不妊症などの要因にもなるので、おかしいと思ったら検査を受けましょう。

ゴム無しの性交でクラミジアに感染

クラミジアは、ゴムなしで性交を行うと、50%の確率で感染します。これは男性が射精するかどうかは無関係です。ゴムの使用は他の性病の予防にもなるので、性交のときにはゴムを使いましょう。男性は風俗店でサービスを受けるときにも注意すべきです。

クラミジアはゴムをすれば予防できますか?

ゴムやコンドームと呼ばれる避妊具はクラミジアの感染予防に効果的です。ただし、ペニスが勃起したらすぐに装着することを心がけましょう。性行為が終わった後は速やかにゴムとともに引き抜きます。オーラルセックスでも感染の可能性があるので注意が必要です。

クラミジアの原因

クラミジアの原因は、クラミジア・トラコマティスという細菌です。他の細胞に取り付いて、そこに寄生するという性質があります。主に粘膜から粘膜へと感染していく性病です。近年ではオーラルセックスが若い人の間では普通のことになっていて、咽頭への感染も多いという報告があります。

クラミジアの口感染

クラミジアの細菌は粘膜から粘膜に感染するので、感染者へのオーラルセックスによって口感染することがあります。多くは無自覚であるため注意が必要です。厚生労働省からも注意喚起されています。検査は容易で、投薬によって完治できます。

クラミジアの合併症は

クラミジアは年齢や性別に関係なく感染するリスクがあります。女性は自覚症状が薄いので、合併症を引き起こすリスクが高いです。女性の合併症としては、卵管炎や卵巣炎、骨盤腹膜炎などがあります。男性の合併症としては、精巣上体炎や前立腺炎などがあります。

クラミジア治療薬のレボフロキサシン250

クラミジアは細菌による感染のため、抗生物質の投与によって治療します。ニューキノロン系のレボフロキサシンは治療薬として良く使用されます。500mgは1日1回の服用で効果を発揮しますが、患者によっては250mgのものが処方されることがあります。完治までしっかり服用していきましょう。

クラミジア治療薬クラビット後発薬のレボクイン

レボクインは、クラミジアに効果を発揮するニューキノロン系の薬であるクラビットと同成分を持つ後発のジェネリック医薬品です。後発薬なので価格が安いのがメリットです。細菌の増殖を抑えることで死滅させる効果があります。副作用は少ないですが、用法と用量を守って服用しましょう。